ギア

ABOM 電熱ゴーグル

またつまらぬものを買ってしまった…(十三代目 石川五エ門風)

電熱ゴーグル買いました!

ABOM HEET

電熱ゴーグルというと山スキー界隈ではお馴染みの通称地獄ゴーグルが有名ですが、今回買ったのはABOM のゴーグルです。

量販店では売っているのを見たことがないです。

存在自体は知っていましたが高価なので縁が無いと思っていました。

高いです…

でも最近の有名ブランドのゴーグルは2万、3万が当たり前ですよね。

私は四年前にワゴンセールで一万円で買ったSPY+のゴーグルを愛用していました。

今シーズンは晴れの時しか山スキーに行っていないのでサングラスを使っていますが、雪が降っている時はゴーグルの方が良いですね。

ゴーグルのデメリットとしては激しい動きをするとすぐ曇ってしまいます。

例えばスキー滑走中にカニ歩きで斜面を登ったり、パウダーで転んでもがいたりするとすぐ曇ってしまいます。

厳冬期だと最悪の場合曇ったままゴーグルが凍って視界が悪くなる時があります。

そこで電熱ゴーグルです。

あくまで保険的な感じですがあると心強いアイテムですね!

今回とあるスキー場のショップでなんと!!

50%OFFで売ってました!

少し悩んでこれはお得過ぎるという考えに至り購入しました!

細部は右のフレーム横にボタンがありグローブをしたままでも操作しやすいです。

ゴーグル内に状態を示すLEDライトがあるのでとてもわかりやすいです!

他の電熱ゴーグルとの一番の違いはバッテリーが内蔵されていることです。

内蔵式のため見た目は普通のゴーグルと変わりません。

電源ボタン
充電口

充電はMicroUSBで行います。

最近はファン付きゴーグルやベンチレーション付きゴーグルがありますが曇りにくさは電熱ゴーグルが一番だと思います。

今季はもう出番が無さそうなので来季に期待します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。