自転車

自転車のライトが壊れた話

昨日新たに緊急事態宣言の延長が発表されましたね。
GWもどこにも行かずに大人しくしていたのでブログネタが一切なかったです。
ここ一ヶ月くらいは本当に外出する機会が今までにないくらい少なかったです。

本当はGWもキャンプに行く予定でしたがこの状況では営業しているキャンプ場もなく、あったとしても人が殺到するのが目に見えているので諦めました。


そんな中自転車通勤していた日の帰りに急にライトが点かなくなりました。
私が使用していたライトはCATEYEのURBANというエントリーモデルでした。

最初は電池が無くなったのかと思い交換してみましたがうんともすんともいいませんでした。
購入して一か月くらいで壊れました。
保証書があったので購入した店舗に持っていこうとしましたが、その店舗がコロナの影響で営業休止中で諦めました。

商品レビューを見ても同じように壊れているものがいくつかあったので交換してもまた壊れるかもしれないと思い止めました。

普段は明るい時間帯しか乗らないし、乗ったとしても薄暮時だけなのでそこまで高いライトはいらないなと思いいつものごとくAmazonをチェックしていたらよさげな商品を発見しました。

こちら

いかにも中華製のライトですがAmazonで200円クーポンがあったので1,580円で購入できました。(4/30時点)安物買いの銭失いの覚悟でポチリました。
テールライトが付いて1,780円は格安です。
とりあえずライトが欲しい人にはオススメです。

届いたブツを確認すると点灯したのでひとまず安心しました。
Hi-Low-Flashの三つのモードがあります。
光量もURBANに比べ各段に明るいです。
本体の大きさもURBANと遜色なく軽いです。

早速取付ようとしましたがここで一つ問題が。。。
付属のクランプがイマイチな造りでハンドルバーにしっかり固定出来ませんでした。
そこでステー部分を取り外しキャットアイのバンドクランプに移植しました。

ステーを取り付ける際に少し左にセットして対向車がまぶしくならないように取付しました。
固定もバッチリで全く動きません。

耐久性はまだわかりませんが、現時点では大変満足です。
テールライトに関してはキャットアイの物が付いているので使わずに保管しています。
とてもコンパクトなサイズでモードは点灯-点滅-早い点滅となっています。

実際に夜間走行テストをしてみましたがとても明るくて見やすかったです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。